カスタム検索
住宅ローンリアル体験レポート2016

経済動向カテゴリの記事一覧

2012年3月12日週からの円安を考える


 住宅ローンマスターです。

 2012年。
 3月12日(月曜日)からの第3週。

 メディアの論調は、円安基調の継続。
 日経平均株価は、1万円超えは勿論高値圏を狙う動き。
 NY株式、上値が重いものの高値継続。

 あらあら。
 気付けば、ユーロ危機は何処へやら。

 世界的な景気復調か。

 何と言ってもね。
 大きいのが、円安。
 対全通貨での円安の流れ、です。

 中でも、ドル/円レート。
 3月9日(金曜日)のNY時間。
 ドル/円、82円60銭台をつけています。

 2011年3月11日。
 震災後の円の動きを追いますとね。

 直前の10日まで。
 ドル/円は、83円20銭台をつけていました。
 そして11日は、約82円。
 そして震災発生。

 為替は、あろうことか円高へ一気に振れました。
 次週の3月17日には、76円25銭をつけます。

 ドル/円レート、82円から1週間と経たない間に76円へ。

 海外投機筋と見られる、円買の動き。
 生保各社が震災による保険金支払いに備え、外貨建て資産を売却するとの観測。
 そんな「観測」に踊らされての、一方的な円高攻勢。
 震災による日本の経済的打撃を見越しての円売り、では全くなく。
 円高に振れたわけです。

 そこで、世界が動きます。
 日米欧の金融当局による、為替協調介入。
 これには、投機筋も参った。

 協調介入で、一気に為替相場が反転。
 4月初旬の6日。
 ドル/円は、85円中盤まで円安が進んだ。


 その後は、比較的記憶に新しい気がします。
 東北地方に集中していた部品下請け産業。
 その被害の影響で、トヨタを始め日本の大手製造業の生産供給麻痺が伝えられて。

 日本の株式市場の取引高が細り、主要産業株価が落ちていくなか。
 為替市場、円がジリジリと値を上げていく展開。
 何とも皮肉な「有事」のドル買いならぬ、円買い。

 6月には、ドル/円レート80円台を割ろうかという趨勢。

 そして、7月。
 ギリシャに端を発した債務危機。
 それが、ポルトガル、スペインそしてイタリアにまで波及。
 イタリア国債の利回りが7%台へ達したことで、世界が震撼。

 これとて、投機筋に「踊らされての」動きなのですが。
 既に、7月段階でドルは対円で80円を突破。
 ズルズルと円高が進行。

 7月末に77円を割ると、日本金融当局は腹を据えた。
 8月4日、日銀単独円売り介入。
 76円98銭から、一気に80円22銭へ。
 約3円の急騰。

 しかし、単独介入の悲しさ。
 4日後の8月8日には、76円40銭台まで下落。
 その後、10月末まで再びの円高進行。
 円高昂進は止まず、10月31日。
 史上最高値のドル/円、75円32銭を付けます。

 ええ。
 この時のことは、私鮮明に憶えていますよ。
 社内でも、噂がもちきりでね。
 ディーリングルームさながらに、パソコンの画面を皆が注視していましたっけ。

 10月31日、午前の何時頃でしたか。
 10時台でしたかね。
 8月に続く、日本金融当局による円売り介入。
 80円台回復とまではいきませんでしたが。
 79円台中盤まで円が売られましたよ。

 東京時間を過ぎても、「不自然に」固定された対円ドルレート。
 蓋を開けてみれば、日銀の10兆円規模の大型介入でした。

 そんな「超大型」為替介入。
 藁をも掴みたい日本の輸入産業から見れば、当然の「介入」でしたが。
 やはり、その効果は長続きはしない。

 数日で、78円を割れて。
 11月半ばには、76円台へ。
 その後、翌2012年の2月1日の76円割れ直前まで。
 ドル/円は、78円中盤を越えることはありませんでした。

 それが、ですよ。
 図ったかのように、ドル/円レート。
 2月1日に底を打つと、静かにドルの上昇開始。

 そして、2月14日。
 日銀は「追加緩和」を決定。
 曰く、資産買入れ基金の10兆円増額。

 そして、「インフレゴール」として、「消費者物価の前年比1%上昇」明示。
 これが、効きました。


 前月の1月。
 米連邦準備制度理事会FRBは、長期的な物価目標として2%を明示していた。
 これこそ、人呼んで「インフレターゲット」。

 対して、我が日本銀行。
 「2%以下のプラスで中心は1%程度」などと、極めて不鮮明な表現に終始。
 「インフレ」への「目標」と解されることを嫌っていました。

 それが、今回2月14日。
 日銀金融政策決定会合後の表明は、ガラリと異なるものでしたよ。

 インフレ「ゴール」と表現しているのは、ご愛嬌。
 誰が見ても、「インフレ目標」であることは、明瞭です。

 日本金融当局が、デフレ退治に本腰を入れたとのアナウンス。
 すかさず、市場は好感。
 現在、3月上旬までの日本株式市場そして為替市場。
 株高と円安を生んでいます。

 そうなるとね。
 今まで、日本の経済指標に反応薄だった市場でしたが。

 貿易統計(速報値)による2012年1月の日本貿易赤字。
 そして同月の経常赤字。
 実に3年ぶりの単月での経常赤字でしたが。

 日銀白川総裁は、「定着するものではない」とコメントするも。
 ボディーブローの如く、市場での「円」の価値を損なっていくようだ。

 円安が進行。
 本格的に円が、そして「日本」が売られていく時代の到来なのか。

 消去法で買われてきた「避難」通貨の円でしたが。
 貿易の赤字、経常赤字。
 国の赤字(借金)は既に、先進国中「未曾有の」GDP比200%超え。

 破滅への序章なのか、否か。
 回復への手立てや、ありや。

 予断を許さぬ2012年の経済状況。
 注視するしか、ありません。

 それではまた、お会いしましょう。
 



 住宅ローンリアル体験レポート2016
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。