カスタム検索
住宅ローンリアル体験レポート2016

住宅ローン設計カテゴリの記事一覧

2008住宅ローン金利とサブプライム

 住宅ローンマスターです。

 2007年12月16日、日曜日の夜です。

 暗い師走だなあ。
 だって、給料上がらないどころか、ボーナス下がってるし。

 国家公務員冬のボーナス少し上昇、なんて記事見た気がするけど。

 これで消費が上向くわけない、と断言するっ。

 思えば「ゼロ金利解除」の2006年7月14日。

 それ以前から、「解除を予測」して住宅ローン(長期)金利は上昇を開始していたのですよね。

 そして、皆さん異口同音に「固定金利が安全」と仰っていました。

 30年固定金利が3%を若干、超えていましたっけね。

 そして、1年と約半年。
 2007年12月。

 超長期住宅ローンの雄、フラット35(35年)を覗いてみたら。

 SBIモーゲージが、金利2.58%だってえ。

 よく考えて見ればね。

  @ 「フラット35」だから90%までの融資。

  A 「団体信用生命保険料」別途必要。

  B 「事務手数料」融資額の2.1%が必要。

 @、残り10%は「別金利」で借りられますけどね。
 A、借入額の0.28%が目安。プラスすると金利2.86%となる。
 B 5000万円借りたら、105万円だよ。

 約5555万円の物件で5000万円借入35年ローンとして、金利2.86%+105万円かあ。

 しかしこのSBIモーゲージのフラット35。
 よせばいいのに、優良住宅支援制度の適用で当初5年間0.3%優遇とはね。

 悪い話では、ないと思います。


 ところで、ソニー銀行ですが。
 11月中下旬、日本経済新聞社により実施された顧客満足度調査で、堂々の首位。

 業績も良好みたいです。
 ここの「新しさ」はね、例えば12月現在で翌月つまり2008年1月適用の「金利」まで発表する。

 0.9%優遇で固定7年までは、12月適用より1月の方が低い。
  ★ 固定7年:12月適用2.270%、1月適用2.259%

 それが固定10年から逆転して1月適用金利が高くなっています。
  ★ 固定10年:12月適用2.532%、1月2.540%。
      20年:12月  2.729%、  2.771%。
     20年超:12月  2.862%、  2.905%。

 今後7年までは、景気も上向かないだろうがそれ以降、上げてくるという「予測」でしょうか。

 アメリカでは「政策金利(FF誘導目標)」の追加利下げが2008年も続くとの予測が多い。

 つまり、「金利」の下げ基調です。

 それが、日銀の「政策金利」に影響することは避けられない。

 問題は、アメリカFRBの「政策金利下げ基調」がいつまで続くのか、ということ。

 意外に早い回復の可能性もあります。
 つまり、「住宅ミニバブル」の復活。

 私は、根が深いと思うのですが。

 それが見えてくるのが2008年、と私は考えております。

 従前より述べてきましたように、私かなり悲観的です。
 北米の景気後退、いくらアジアの輸出で補うといっても、日本を直撃します。

 ITバブル崩壊と同時多発テロを経て2002年から、米住宅価格の高騰が2006年まで続いた。

 そして2007年7月、「住宅バブル」の崩壊。

 5年掛けの「バブル」が崩壊後、回復に5年を要するのか、倍の10年が必要なのか。

 日本の「バブル崩壊」後、日本は「失われた10年」を経験しなければならなかったのですがね。


    《 本日のポイント 》

  ☆ 2008年は、アメリカ「サブプライム問題」の影響を見極める年となろう。

  ☆ 「サブプライム問題」による「住宅バブル崩壊」、回復までバブル期間の5年は要するはずだ。

  ☆ アメリカが「バブル崩壊」から回復に向かうまで、日本の住宅ローン金利上昇もないだろう。

 日銀が現在の超低金利(政策金利0.5%)から脱することを考えるのは、当然です。

 ただ、アメリカの「政策金利」が今後下がることを考えれば、話は別になります。

 相対的に見れば、日本の金利が「上がる」ことになる訳ですから。

 いつまでアメリカFRBバーナンキ議長は「利下げ」を続けることになるのか。

 本格的な景気後退(リセッション)が続かないことを祈るばかりです。

 不安要素渦巻く世界経済、アメリカの不景気が何をどこまで混乱させてしまうのかが、全く未知数。

 住宅ローン金利動向を、とにかく見守りたいと思います。

 それは、アメリカ(景気動向)次第であると今、私は考えています。

 それではまた、お会いしましょう。
 



 住宅ローンリアル体験レポート2016
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。