カスタム検索
住宅ローンリアル体験レポート2016

2008住宅ローン超金利優遇動向

 住宅ローンマスターでございます。

 先日コメント頂きまして、「福岡銀行」を知ることが出来ました。
 有難うございます。

 この福岡銀行さんの住宅ローン。
 超ウルトラスーパー「全期間優遇金利」を提供しているでは、ありませんか。

 注目すべきは、「全期間優遇の変動金利」です。

 整理しますと。
  @ 店頭基準金利より「1.75%金利優遇」。
  A 結果、「全期間優遇」で変動金利1.375%
  B 「オール電化住宅ローン」・「ホットメリット住宅ローン」は、更に「0.1%金利優遇」。
  C 上記「優遇金利」は、2008年1月10日までの借入れが適用される。

 確認したいポイントを列挙しましょう。

  @ 「店頭基準金利」が大方の金融機関での「2.875%」でなく「3.125%」である。

  A その「店頭基準金利」、今までの推移と今後の「動向」見込み(他行並の変動なのか)。

  B 「ホットメリット住宅ローン」とは何か。「ホットメリット」と判断される基準は何か。

  C 1/11以降も、月毎に適用金利が設定される「金利優遇キャンペーン」とみてよいのか。
 (ちなみに、「ローン申込み」から「(ローン)借入実行」まで1ヶ月かかるのが標準です。)

 私、横浜在住ですが。
 本気で「問合せ」したいくらいですよ。

 「ネット申込み」で更に金利優遇、なんてあればなあ。

 でも、前回お伝えしたとおり、直接の「相談」と「交渉」が基本中の基本ですから。

 福岡銀行横浜支店を夢見ますよ、ホント。


 で、私。
 今回調子に乗って、調べてみました。

  @ 埼玉縣信用金庫。「全期間1.375%金利優遇」で、現在「変動金利1.50%」。
 「埼玉縣信用金庫」が本当にスゴイところ。
 それは、「適用金利」を「申込み時」と「借入実行時」で選べる点です。
 「選べる」なんて、聞いたことないですよ。
 大抵が「(ローン)借入実行時」の金利適用。
 だから、「申込み」時点では「低い」金利でも、実際適用される金利は分からないんです。

  A 名古屋銀行。結局「全期間(変動)金利1.2%優遇」ということですか。

  B 静岡銀行。「1.0%金利優遇」ですよね。

 「静岡銀行」といえば、堅実財務で名を馳せましたよね。
 かの「バブル」華やかなりし頃。
 「バブリー」な案件に一切、手を染めず、バブル崩壊後も泰然としていました。

 その「静岡銀行」が「優遇1.0%」。
 手堅いよなあ。

 個人的な見方を言わせていただければ、「埼玉縣信用金庫」。
 魅力ありますねえ。

 でも、自宅か勤務地がその「営業地域内」になければ利用出来ない、と明記されてます。
 ムリか。

 どうやら、「地域」の金融機関。

 今や、「1.0%金利優遇」が標準。
 「1.2%金利優遇」も珍しくない。

 そして、「福岡銀行」や「埼玉縣信用金庫」などの如く。
 「1.2%」を(遥かに)超える「優遇適用金利」もありうる。

 地元金融機関に、「これは」という「優遇キャンペーン」があれば、是非足を運ぶべきです。

 それから、「地元」の口コミ情報を集める。

 あそこは、アブないとか(まさかね、でも念のためです)。
 そして「これは」という金融機関の他にもう一つ、「比較する」ため別の金融機関を訪れる。

 結局、トコトン「相談」と「交渉」が出来て「親身」になってくれる金融機関がベストです。

 それにしても、「福岡銀行」。
 そして、「埼玉縣信用金庫」。

 直接、「話」を伺いたいなあ。


     《 本日のポイント 》

  ☆ 「地元」金融機関、メガバンク系列と比べても「頑張っている」ところがあるようだ。

  ☆ 「金利」を含め全ての「融資条件」をチェックしたら、実際「窓口」で「相談」する。

  ☆ 「地元ならでは」の「身近な情報」も活用する。

  ☆ 「相談のしやすさ」は、「地元」金融機関のメリットである。


 私の実家ではね。

 メガバンク支店の「住宅ローン」担当の方が、物凄く親身になってくれたそうです。

 若い方で、それはもう感じよく質問や疑問に付き合ってくれたと言います。

 「メガバンクだから親身でない」ことは、ないでしょう。

 でも「地元」金融機関職員の方々。
 その「地元」出身である方が多いのも、事実かと思います。

 それにね。
 「地元」金融機関についての情報。
 その土地の皆さんでないと、知ることが出来ない(ことが多い)。

 そもそも、私。
 「住宅ローンマスター」を(勝手に)名乗らせて頂いておりますが。

 「福岡銀行」の「優遇金利」、迂闊にも全く知りませんでした。

 例えば、ネットで「地方銀行・住宅ローン・優遇金利」で検索してみた場合。
 「福岡銀行」まで辿り着くこと、殆ど不可能ではないですかね。

 直接の情報を頂いて、有難いです。

 そして「青い鳥」ではないですが、足元に意外な「宝」があるものかもしれません。

 ところで、先日発表されたアメリカ「雇用統計」。
 市場の予想を大幅に下回る数値でした。
 それを受け、NY株式市場、再び暴落。

 近傍も遠方も。
 全く、目が離せない状況です。

 2008年の住宅ローン情勢、益々先が読めません。

 皆さんと御一緒に、勉強と研究を続けられればと思います。

 それではまた、お会いしましょう。


 



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 埼玉縣信用金庫埼玉縣信用金庫(さいたまけんしんようきんこ)は、埼玉県熊谷市に本店を置く信用金庫。略称はさいしん。浦和レッドダイヤモンズの通帳やキャッシュカードも出している。.wikilis{font-..
Weblog: 信用金庫について
Tracked: 2008-02-04 05:08
 住宅ローンリアル体験レポート2016
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。