カスタム検索
住宅ローンリアル体験レポート2016

2016年原油15年ぶり協調減産の夜


2016年12月12日の夜も更けて。
本日のニュース。
白眉は、OPEC石油輸出国機構。
なんと。
ロシアなど非加盟国と協調して、原油減産に合意。

ははあ。
OPECの首魁サウジアラビアの方針転換よ。

サウジも痩せ我慢の限界ですか。
アメリカのシェール革命。
シェールガスの損益分岐点を下回る原油価格下落を図ったサウジ。
身を削ってまでも。
アメリカの新興資源、シェールガスを潰しにかかったが。
あえなく、失敗の協調減産。
身も蓋もない。
とは、このことか。


ベネズエラなど石油依存国には大朗報。
そして、ロシアも然り。
産油国景気経済が好転。
米国に一矢報いるのか。

その米国では、親ロシアを隠さないトランプ大統領が誕生する。
米露、そして中国の関係。
2017年の波乱や如何に。

身動きが取れず我慢比べのサウジアラビアが遂に動いて。
原油協調減産。

唐突ですがね。
私の住宅ローンは、全く身動きが取れません。
常識的に見て、今後の世界経済。
アメリカ、そして産油国。
景気の上向きが予想されます。
トランプなど、GDP年率3〜4%上昇を公言しますしね。

ヨーロッパと中国は、不透明感が漂うにしても。
2017年の景気。
ちょっと楽観的に見ることができる。

と、言うことは。
住宅ローン金利が、まだ低いうちに固定金利へ乗り換える。
これが、常道に見えるのですがねえ。

分かっていても、私にはできない。
走りすぎてね。
住宅ローン「借換え」の余力がないのですよ。


借換え費用。
保証料に事務手数料。
決して莫迦にできませんから。

静観のみの私です。
余力さえ、あれば。
三井住友信託銀行さんの当初10年固定金利なんて、興味深々。
でも、無理だよなあ。

2017年1月の住宅ローン金利。
上がるよなあ。
そんな2017年を直前に控えて。
何とも、寄る辺ない2016年12月です。

激動か、安定成長か。
予断を許さぬ、国際経済。
ひたすらに、見届けたいと思います。

それではまた。
失礼いたします。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 住宅ローンリアル体験レポート2016
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。