カスタム検索
住宅ローンリアル体験レポート2016

2007入梅に「繰上げ」の涙流れる

 こんにちは。実践住宅ローンマスターです。
 九州地方が梅雨に入ったとか。
 早いですよねえ、2007年も、はや半分きたかあ。

 想えば2005年新年1月6日、300万円から株を始めたんだなあ。
 三菱UFJホールディングス買ったなあ。
 マネックスビーンズ証券、ネット証券勢いがあった。
 コスモ証券までもね。
 SBIホールディングス、これは最高だと思いましたよ。

 そして、結局皆下げた。
 でも、東証銘柄のうちは良かった。
 新興市場の値動きに毒されてから、運も尽きた。
 ミソのつき始めが、メディアグローバルリンクス。
 ウルシステムズ。
 この二つが大きかったなあ。
 メディグロは110万円と119万円、2株買ってから一端90万で手放し(損切り)。
 よせばいいのに、また90万で買ってからジリ貧、1年以上塩漬けたよ。
 いい会社だからってね、地合(市場の様子)が悪いだけから待て、なんて。 
 今、いくらだと思います?
 6万円。桁間違えてないですよ。平均115万で買った株が、1株6万円。

 ここまでくるとね、涙も出ないんですよ。

 おっと、ここは「株」ページじゃなかったですね。
 すいません。
 で私ね、1年ちょこっとの間に失った200万円以上を「繰上げ返済」に充てていれば。
 なんて夢を本気で見ますよ。
 現実夢とでもいいますか。

 「繰上げ」は、「元本」を直撃で減らしてくれますから。
 うう。

 事情があって、ウチの配偶者このことまだ知らない。
 夢の「繰上げ」。
 うう。

 だけどね、言い訳にもならないけれど、それで私「金利」に拘る。
 5000万円を2年前。
 最初は「1.175%(なんて安い)」。
 2月に「日銀利上げ」されてから「1.425%」。

 平均すると「1.3%」。
 年間約200万返済しているのですが、5000万円の1.3%は65万円。
 200−65=135(万円)
 年間に「135万円」元本が減る計算ですよ。

 仮にね、今「はやり(たぶん)」の「フラット35」。
 6月適応金利は、「SBI」「楽天」も2.771%でしょ。いや違った、2.821%
 (ふう、6月0.05%も上がってしまったよ。)

 5000万円の2.821%は、141.05万円ですよ。
 年間200万円返済だと200−141.05=58.95

 1年間で「元本」は約60万円しか減らない。
 私の平均1.3%だと、前述のとおり年間135万「元本」が減りますよ。

 135(私)−60(「フラット35)=75(万円)

 1年で、75万円も「私(横浜銀行「変動金利」)」の方がおトクだ。
 このペースが続くと仮定すれば、私の「株損」約230万円(6月1日現在)は、

 75万円×3年=225万円

 3年もすれば、「株損」を挽回してくれるよ。
 なあんて、自己満足するしかないのでねえ。
 それで必死になっている(「フラット35」利用している方、気を悪くしないで)。

 それに書き忘れてた、4月23日から始まった「優良住宅取得支援制度」。
 0.3%ですよ。今殆どのマンションが「優良住宅」の認定受けてるじゃないですか。

 「SBI]も「楽天」も6月適用でも、2.821%−0.3%=2.521%。
 35年「固定」だからね。
 確かに、或る意味「安心」だわね。

 まとめに入りますよ、本日は我ながら苦しくもノロケて「変動金利」自慢したけれど。

    《本日のポイント》

  ☆ 今のところ「変動金利(勿論「金利優遇」利用)」が有利だろう。
  ☆ しかし、常に予断を許さない状況にある。
  ☆ 現に例えば「フラット35」、5月から6月で「金利」0.05%上昇。
  ☆ 4月23日スタートの「優良住宅取得支援制度」は0.3%もの優遇。

 気になる「フラット35」の金利推移は、ここでチェック出来ますよ。

 うーん、「新興勢力」。
 「日本住宅ローン」が始めは一番「金利」低かったんだねえ。
  今(6月)は「SBI]と「楽天」が一番で鎬を削っている。

 それに引き換え、ねえ。
 「メガバンク」は、本気なんですかね。
 3.22%? ボランティアで利用するんですかねえ、取引先の方とか(失礼)。

 頑張りましょうよ、もっとね。
 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 住宅ローンリアル体験レポート2016
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。