カスタム検索
住宅ローンリアル体験レポート2016

2015さらば2月住宅ローン超固定金利


前回記事から10日余り。
本日は、2月の26日(木曜日)。
2015年2月も終わろうとしている。

ギリシャ新政府もEUへ歩み寄り。
ギリシャEU離脱危機も一旦の小康状態。

ウクライナでは親ロシア勢力との停戦合意履行問題も収束への気配が見えて。

日米欧の株式市場は、堅調。
新たな上昇への足場を固めている。


で。
住宅ローン。
2015年3月の住宅ローン。
住宅ローン固定金利が直結する長期金利すなわち新発10年物国債利回り。
1月に底を打ったとみていいだろう。
2月の同利回りは、0.400%を超える日も出ている状況だ。

少なくとも、2015年の住宅ローン固定金利。
今後の上昇が見込まれる。

つまり。
住宅ローン固定金利を選ぶなら。
2015年2月が「パラダイス」だったと言うことだ。
だって、私の見るところね。
ネット銀行の雄、住信SBIネット銀行。
2015年2月実行金利、10年固定でなんと金利0.95%ですよ。
しかも、住信SBIネット銀行。
銀行負担で、8大疾病保障が付帯する。
これ、他行なら金利上乗せ0.3%に相当しますからね。
なんと、夢のような。

ところがどっこい。
住信SBIネット銀行と提携する、これまた信託銀行の泰斗、三井住友信託銀行。
この、三井住友信託銀行が驚きの凄さだから、堪りませんよ。
だって。
住宅ローン当初10年固定金利。
三井住友信託銀行。
驚愕の、凄さ。
金利、0.85%ですから。
しかも、三井住友信託銀行。
住信SBIネット銀行と同じく、8大疾病保障が基本付帯つまり保険料無料。凄い。


この三井住友信託銀行「当初10年固定金利」商品。
ネット専用の、三井住友信託銀行の住宅ローンなのですね。
りそな銀行も「ネット専用」住宅ローン商品を出しているけれども。
10年固定金利が0.85%で8大疾病保障付き、なんて三井住友信託銀行さんよ。
あんたは、偉い。

私の住宅ローン金利。
当時の私としては、精一杯の金利1.025%。
しかも変動金利だから、明日の不安が付きまとう。

ああ、運命の皮肉よ。
現在の私。
三井住友信託銀行の住宅ローンなものだから。
同じ金融機関での借換えは、御法度。
借りたくても、借りられません。

10年間も金利0.85%が保証されて、8大疾病保障まで付いているなんて。
三井住友信託銀行さん、そんな殺生な、ですよ。

その思いが強くてね。
私、2014年末から2015年にかけての「住宅ローン借換え」を誓ったのですよ。

念願かなって。
横浜銀行さんへの住宅ローン借換えが成就しそうです。
今度は、私だけの契約ということで。
「最優遇金利」も取れそうだ。

思えば、5,000万円を優に超える住宅ローン融資額から。
3,000万へ。
長い道のりでした。

おっと、感慨に浸る余裕などない私です。
住宅ローン固定金利がジワジワ上昇しようという2015年3月。
変動金利とて安泰ではない。

米国では、イエレンFRB議長が6月以降、いつでも利上げに走る口吻。
原油安が一服すれば、日本の物価は上昇へ向かう公算もあろう。

金融機関の住宅ローン基準金利、上がりだすタイミングを計る時期到来だろう。

油断ならぬ2015年3月へ、私は猶、住宅ローン変動金利を追及します。
さて、どう出るか。

それではまた、お会いしましょう。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 住宅ローンリアル体験レポート2016
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。