カスタム検索
住宅ローンリアル体験レポート2016

2014年1月住宅ローンの真実金利編A


 住宅ローンマスターです。

 2014年1月13日。
 午前の陽よ、澄んで眩し。

 つい、感情的にもなるのですがね。
 恵まれている方ほど、住宅ローンでも優位で有利。
 何か、矛盾しているなあ。

 恵まれない庶民のための住宅ローンではないのか。
 資本主義の残酷さだろうか。
 持てる者が更に持ち。
 持たざる者は、更に貧し。

 私には縁がなさそうだが。
 住信SBIネット銀行の住宅ローン。
 その名も、Mr.住宅ローンですか。
 私など、どうせ審査に通らないだろうと静観を決め込む情けなさ。
 住宅ローンマスターの名折れよ。

 確かに、ミスターを名乗る資格十分の変動金利夢の0.670%ですけれどね。

 で。
 2014年1月の住宅ローンの真実金利編その2です。

 私、年頭の記事でね。
 2014年を注視すべきだ、と申し上げました。

 前回の記事で言及しましたとおりにね。
 正確を期せば、2014年から2015年の4月まで。
 黒田日銀総裁の宣言した、「2年で2倍」の公約、2年間。
 その2年間の注視、です。


 もしもね。
 住宅ローンの神様がいらっしゃるのなら。
 2015年4月までに、その方向。
 旗幟を鮮明にしてくださることでしょう。

 住宅ローン金利。
 上昇を始めるか。
 依然として超低金利を維持するのか。

 テクニカルなことですけれどね。
 私、個人的には再三再四申し上げているとおり。
 結局は、都市銀行派なのだと思います。

 横浜銀行の「全期間1.2%優遇変動金利」に始まり。
 現在は、三井住友信託銀行の住宅ローン。
 優遇後で変動金利1.025。

 でも担当の方が誠意溢れる方でね。
 正直に教えてくださいました。

 住宅ローンの優遇金利。
 条件次第で更なる金利優遇があるのだと。
 悔しい事実ですけれど。
 ま、致し方ないことよ。


 住信SBIネット銀行。
 SBIグループ総帥、ホワイトナイトの北尾氏は尊敬すべき人物であると思います。
 しかし、住信SBIネット銀行住宅ローン。
 事務手数料、融資額の2.1%は気になるところ。

 既存都市銀行の住宅ローン「保証料」なら繰上げ返済時に一部が返戻される。

 300万円の繰上げ返済で、保証料の返戻は5万円強。
 小遣い銭としては、大きい額だ。
 繰上げ返済のモティベーションも上がろうというものです。

 「事務手数料」は、何の返戻もありませんからね。

 でも、おそらく。
 そんな「事務手数料」を考慮しても。
 住宅ローン金利、0.670%は低すぎるほど低い。

 個人の好みなのですよね。
 ネット銀行の住宅ローンで行くか。
 都市銀行で行くか。

 難しいところです。
 それにね。
 タイミングが重要です。
 人と人の結婚ではないが。
 タイミング。

 たとえばね。
 私がお世話になっている三井住友信託銀行。
 当時は、住友信託銀行でしたが。

 昔から、住友信託銀行。
 我が道を行く、でね。
 住宅ローン金利を常にメガバンクと称される都市銀行より低く設定していました。
 私は、忘れませんからね。

 しかも、大手都市銀行とは違うのが、本音の営業。
 勉強してくれている感じが伝わりました。

 ネット銀行と違うのがね。
 相対で話を聞けることでしょう。
 逆に言えば、ネット上の手続きでローン契約が完遂するのがメリットなのですが。

 相対で、色々な疑問をぶつけられるのがネットではない既存銀行の利点です。
 そこで、誠意ある対応をしていただければね。
 その方を信じ、ひいてはその金融機関を信頼して契約を結ぶ決心がつく。

 やはり、何とはいえ。
 住宅ローン契約。
 一生で何度もない大型契約ですものね。

 今後の住宅ローン金利。
 誰もその将来の道筋を知る者は、いない。

 しかし、リスクを冒してでもね。
 今後の住宅ローン金利の行く道をアドバイスしてもらえるのが、相対のメリット。

 私、2014年1月現在。
 ネット銀行にエールを送りつつ。
 今一つ踏み込めないのは、「相対」の有無かも知れないと気付きました。
 一連の本記事を書きながらね。

 その正解は、いまだ霧の中です。
 ですが、2014年の住宅ローン。
 変動金利が有利なことに、間違えは無し。
 それは、断言できます。

 それではまた、お会いしましょう。
 



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 住宅ローンリアル体験レポート2016
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。