カスタム検索
住宅ローンリアル体験レポート2016

フラっと「フラット35」を覗く

 
 実践住宅ローンマスターです。
 本日、3/23(金)。
 私の「株」、再び大幅下落。東証2部銘柄だけどね。
 1株13500円×3株=40500円の損かあ。
 1日で40500円。
 うーん、損。
 「損切り」出来ない。
 どこまで、下がるかなあ。

 おっと、住宅ローンの話だ。
 私、住宅ローンマスターの意地にかけて「様子見」中ですよ。

 「変動金利」でね。
 場合によっちゃあ、スグ「借換え」。
 でも、1ヶ月程かかるけどね(業者により異なる)。

 油断しないで、日々ウオッチ。

 ところでねえ。
 私は既に借りてるから無理だけど。
 もし住宅の「新規」購入であるなら。
 そして、超長期「固定金利」でいくなら。

 やっぱり、「フラット35」だろうなあ。

 「フラット35」は色々な業者、銀行からノンバンクまで。
 多彩な業者が、しのぎを削って扱う「商品」ですから。
 「ベンキョウ」してまんがな。

 とりあえず、こちらで比較しましょうか。

 いやあ、SBI強い。
 メガバンクしっかりしろい、と。
 みずほ銀行は、ちょっと頑張ってるけど。

 それにしても、2.461%。
 安いなあ。平成18年2月ねえ。

 「フラット35」の利率は、毎月変わるからね。
 「融資実行時」(月)の「金利」が適用されるから注意です。

 それにしても、SBIモーゲージ

 3月に適用「金利」は、2.791%。
 SBIは「事務手数料」が高いんだけど。
 3月中の「正式申込み」で、マイナス0.3%。
 つまり「融資額」の実質(消費税込み)で1.785%。
 5000万だと×0.01785=89.25万円。
 「火災保険料」が優遇だし。
 それに「優良住宅取得支援制度」。
 これ「国」の支援事業で、国会の予算審議通過後施行らしい。
 「バリアフリー・省エネ。耐震・耐久」、それぞれの観点で優良な住宅の場合。
 当初5年間「利率」0.3%の優遇ですか。
 いいことだらけ。
 いいなあ。

 でも。
 「フラット35」の「総支払い額」で比べるなら、楽天

 「事務手数料」10500円キャンペーン、3月一杯の融資実行だから、間に合わないよなあ。
 それにしても、SBIほどじゃないけど、「利率」安いし。
 いいなあ。

 「総支払額ランキング1位を目指します!」。
 クリックしましょう。

 へえ。
 私、楽天が一番だと、思ってた。

 優良住宅ローン

 前も、見ましたよ。
 これ。
 「金利」が楽天より低い、2.810%。
 何といっても、「手数料」が融資額の0.5%(優良住宅の場合)。
 5000万円だと×0.005=25万円ですよ。
 すごいね、これ。

 楽天「優遇」後の「手数料」額が分からないから、何ともいえないけど。

 それにしても、奥が深い。
 「フラット35」。

 本日のポイント行きます。

   《本日のポイント》

  ☆ 「フラット35」〈SBIモーゲージ〉は特典が多い。
   「優良」な住宅なら〈優良住宅ローン〉がお得かも。

 しかし、〈楽天〉は太っ腹だな。
 クリックすると、他の業者の「優位性」が分かるんだもの。
 今後もきっと「優遇キャンペーン」出してきますよ。

 どちらにしても「フラット35」の「利率」は毎月見直し。
 だから、目が離せない。

 ということで、またお会いしましょう。
 それでは。

 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 住宅ローンリアル体験レポート2016
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。