カスタム検索
住宅ローンリアル体験レポート2016

住宅ローン「審査」の傾向と対策

 実践住宅ローンマスターです。
 私の住宅ローンは、横浜銀行
 一昨年、「変動金利」で5000万円を借入しております。

 なぜ、ピッタリ「5000」万円なのか。

 「5000」万円を超えると、「金利」を変えざるを得ない。

 そう告知されたから。

 私はそもそも「全期間1.2%優遇」という惹句に引かれた。
 よおく見ると、「最大」と書いてあるけれども。

 私は意地になり「利率」のみ下げるため、融資額を5000万円に押さえた。

 そして、ハミ出した額+保証料を配偶者に任せた。
 その他手数料一切(火災保険料等)は、マンション業者扱い。

 そんなワケです。
 もう、いっぱいいっぱい。
 5000万円を「変動金利:店頭金利−1.2%」で借りた。

 「優遇キャンペーン」っていったら、その「金利」で借りれると思った。
 それが、世間知らずでした。
 「最大」で、ですものね。
 どの業者さんも同じ。
 それが、「キャンペーン」ですよ。
 そして、「交渉」する余地もそこにある。

 そこで私も「交渉」したワケだけど。
 結局、決め手は。

 @ 配偶者が公務員。
 A 他の「ローン」一切無し。

 でしたよ。
 でも。
 お金使ったあ。

 さて、住宅ローン審査については、コレで充分というサイトがあります。
 こちら、です。

 「住宅ローン審査について」の記事は全部読むといいです。

 「勤続年数」が問題になることは、知っていたけれども。
 「クレジットカード」を持っているだけで使わなくてもマイナス評価とは。
 知りませんでした。

 要らない「カード」は全部処分してから、住宅ローン審査へ。
 ですよ。

 最後に。
 自営の方や「派遣」の方。
 銀行からの融資は不利だと言われます(本当です)。

 そんなケースに対応してくれる業者さん、あります。
 ご存知ですよね。

 GEMoney住宅ローン。

 「金利」はちょっと、高めですけれど。
 朗報、ですよね。

 それでは今日はこれぐらいにして。

 また、お会いしましょう。
 それでは。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 住宅ローンリアル体験レポート2016
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。