カスタム検索
住宅ローンリアル体験レポート2016

2010年5月住宅ローン金利ランキング

 住宅ローンマスターです。

 いよいよ5月。
 大型連休、本番へ突入。

 住宅ローンですが。
 住宅ローン紹介サイト、各種あるようです。

 2010年、5月3日。
 やはり、と言うのか。
 その殆どが押すのが、変わらず新生銀行。

 本体は「あおぞら銀行」との合併、かなわず。
 経営規模を変えないままでの、2010年。
 大いなる大海での後悔、じゃなかった航海が続きます。

 新生銀行。
 ネット専業銀行並みの、「保証料」無料。
 金利も大手銀行と比較して、変わらず低めの設定。

 しかして、大手銀行。
 住宅ローン「額面」金利である店頭基準金利は、確かに依然高いと言えますよ。


 《 住宅ローン、2010年5月適用10年固定金利下げ 》

 みずほ銀行。
 2010年5月適用住宅ローン10年固定金利を0.05%下げると発表した。
 みずほ銀行の住宅ローン10年固定金利は、4.15%となる。

 三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行。
 以上の3行は、5月適用金利を据置く。

 つまり。
 三菱東京UFJ銀行:4.25%。
 三井住友銀行:同じく4.25%。
 りそな銀行:最も低く4.10%。

 住宅ローン3年・5年固定金利については、4行ともに据置き。
 すなわち。
 3年固定金利:3.30%。
 5年固定金利:3.60%。

 住宅ローン金利、3大信託銀行は。
 住友信託銀行。
 3年固定:3.30%、5年固定:3.60%、10年固定:4.10%。
 三菱UFJ信託銀行。
 3年固定:3.35%、5年固定:3.50%、10年固定:4.05%。
 中央三井信託銀行。
 3年固定:3.30%、5年固定:3.60%、10年固定:4.15%。

 ふうむ。
 2010年5月適用。
 住宅ローン固定金利比較。
 4メガバンク、3大信託銀行。
 すべてを比較して、三菱UFJ信託銀行の固定金利が一番低いぞ。
 店頭基準金利、はね。

 「優遇金利」を比べてみると。
 「当初10年固定金利」を低い順に並べてみます。
 3大信託銀行。
 三菱UFJ信託: 2.05%。
 中央三井信託:  2.20%。
 住友信託:    2.60%。
 4メガバンク。
 みずほ:   2.25%。
 三菱東京UFJ: 2.35%。
 りそな:   2.35%。 
 三井住友: 2.60%。

 ううむ。
 やはり、三菱UFJ信託銀行が断然低い住宅ローン金利だな。
 それに、三菱UFJ信託。
 「優遇金利」の条件が緩い。
 他の多くの銀行と違い、給与振込み、新規不可借換えのみなどの条件なし。

 概して、信託銀行の「優遇条件」のハードルは低いですよ。
 中央三井信託銀行は、給与振込みを「条件」選択肢の一つにしてはいるが。
 あくまで、選択肢の一つ。
 「会員」になれば、それでよし。


 まだまだ、衰えるところを知らない。
 そんな、2010年5月適用の住宅ローン「金利優遇」模様。

 信託銀行と比較して。
 メガバンクの頑張り、ちょっと遜色があるような。
 三井住友銀行など、5月3日のネット表示が「4月適用金利」のまま。
 住宅ローン、「ヤル気」があるのかいな。

 2010年、5月。
 足元では、長期金利の指標「新発10年物国債」利回りが1.3%以下。
 連休本番前の4月30日、終値が1.280%。

 上値の重い株価に反応して、国債価格の上昇(利回りの低下)。
 4月中盤までの日本株好調時、国債利回り1.4%を窺う勢いでしたがね。

 アメリカ国債利回りがジワジワ5.5%を超える動き。
 日本の180%を超える債務残高が懸念材料である中、国債人気依然継続。
 国内金融機関のダブつくマネーの行き場として重宝されている、日本国債。

 住宅ローン長期固定金利も、その恩恵に与り、「超」低金利変わらず。
 しかしね。
 一昨年でしたか。
 みずほ銀行の「借換え」専用住宅ローン金利。
 当初優遇10年固定金利が、2.00%を切る時期がありましたよ。
 そう長くはもちませんでしたが。
 私、そう記憶しています。

 2010年の住宅ローン金利。
 長期固定金利のなかで、金融機関が一番力を入れるという「10年固定」。
 金利2.00%を再び切ることが、あるのだろうか。

 国債の「異常」人気が、いま少し続くと私は見ます。
 安全な融資先を見つけるより、手堅い運用ですからね。
 国内デフレ経済下にあってはね。

 大手企業は、銀行融資より社債発行や株式増資で資金供給を図る風潮。
 中小企業への融資案件は、リスクが大きい。
 となれば、金融機関。
 国債での運用比率が上がるのは必定。

 利回りの高い外国国債の比率を上げる「勇気」も乏しいか。
 「世界の」マネーは、ギリシャ国債ですら入札に集まるのにね。

 日本の経済に元気が出ないうちは、国内金融機関は日本国債買いに走る。
 そして、メガバンクほど「安全運転」を志向するのが住宅ローンか。

 「気骨ある」信託銀行よ。
 今後とも、住宅ローンを頼みますよ。
 デフレ不景気のさなか。
 住宅ローンの「優遇」に、我々庶民は最大の「得する」実感を見出す。

 日々の買い物でも、「値引き」探しに血眼。
 況や、住宅ローンをや。

 2010年5月現在。
 住宅は底値をつけたのだろうか。
 今が最高の買い時なのか。

 住宅ローン金利は、2010年。
 依然最低水準まで低くなっている。
 しかし、微妙な上下の動き。

 住宅ローン借換えのタイミングも計りづらい。

 全期間「金利優遇」は、マイナス1.4%が当たり前の2010年。
 優遇幅、今が最大値か。
 マイナス1.5%そして1.6%の時代は到来するのか。

 私、個人的な見方なのですけれどもね。
 更なる金利優遇、更なる低金利がある気がしてならない。
 本気で、0.8%台の住宅ローン金利を狙っていますよ。
 全期間優遇変動金利のね。

 もちろん、住宅ローン。
 金利がすべてでは、ない。
 諸費用、とくに「保証料」負担が大きい。
 でもね。
 住宅ローン融資開始数年後の「借換え」だとね。
 少なくない割合の「保証料」が戻ります。
 私の場合、約3年後の借換えで約68%の保証料返戻を得ましたっけ。

 住宅は、買いたいときが買い時。
 ですが、住宅ローン。
 「借換え」たいときが「借換え」時、とはいきません。

 条件の仔細な検討が必要ですから。
 今が、「借換え」時なのか。
 私は、いま少し様子見をしてよいのかな、と思うのですよ。

 2009年に住宅ローン「借換え」を決行した私が言うのも変ですが。
 2010年5月3日現在。
 正直な感想です。

 それではまた、お会いしましょう。
 



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 住宅ローンリアル体験レポート2016
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。