カスタム検索
住宅ローンリアル体験レポート2016

2009年4月借換住宅ローン保証料返戻

 住宅ローンマスターです。

 2009年5月第1週、いや第2週の日曜日。
 憲法記念日の5月3日。
 横浜は快晴の一日でした。

 住宅ローン。
 日銀政策金利に連動する「変動金利」は5月適用も変わらず。
 しかし、新発十年物国債利回りと関わる「長期固定金利」。
 3月1.25%まで落ちた新発十年物国債利回りが4月1.425%まで上昇。
 各金融機関、住宅ローン5月適用長期固定金利を利上げすることとなりました。

 国債。
 日本国はGDP比170%に達する国債残高を有する大借金国家だが。
 日銀の資産(国債購入が中心)増加率(2008年比)は10%に満たない。
 米FRBが同約180%、英中銀イングランド銀行が約80%。
 そしてECB(欧州中央銀行)が約30%。
 大量発行国債の需給ギャップで買手がつかず価格低下(利回り上昇)しても。
 日銀が買上げる余地が多分にあるということか。

 アメリカの長期国債価格は再び上昇基調ですがね。
 今次の米国、大規模な財政出動。
 それを購う国債発行高を消化出来なければ、世界の経済が麻痺する。
 世界がそれを認識しているが、当のアメリカ何処へ向かうのか。
 米国の金融基盤そして経済の復調がやはり日本実体経済復活へ唯一の鍵ですよ。


 私の住宅ローン。
 横浜銀行から住友信託銀行への借換え。
 4月末、やっと実行出来ました。
 横浜銀行の「全期間マイナス1.2%金利優遇」キャンペーンに御世話になり。
 4年を経て、住友信託銀行「全期間マイナス1.4%金利優遇」への借換え。

 金利差たったの0.2%。
 結局、4年間で5000万円の住宅ローン借入額が4500万円になったけど。
 いいえ、正確に言うなら。
 住友信託銀行さんの住宅ローン審査通過の為、ちょっと無理して50万円圧縮。
 そして借入期間も1年少々短縮。
 そこまで住宅ローン借入れ条件を纏めるのに時間を要した。
 まず私の側で住宅ローン返却設計を納得できる程度に整理するのが大変でした。

 で、やっと4月。
 それも4月末日の住宅ローン実行。
 2008年12月に思い立って借換え行動を開始したのですがね。

 それにしても住宅ローン借換え。
 一番のネックが諸費用。
 私の場合、諸費用合計が約108万円。
 保証料の約78万円。
 そして抵当権設定登記料の18万円が大きいか。
 でもね。
 保証料の「返戻」というものが、あるのですよ。
 借換え前の住宅ローン。
 横浜銀行での「保証料」、それだけで100万円超えていたはずですよ。

 4年後、約450万円返済しての住宅ローン「保証料」の返戻。
 およそ67万円でした。
 住宅ローン借換え諸費用が合計約108万円ですから。
 108万円−67万円で41万円。
 今回の住宅ローン借換え作戦、「諸費用」として41万円の用意で足りる。

 それでも、元々0.2%の金利差で借入4500万円の住宅ローン。
 総支払額の差、百数十万円に過ぎません。
 借換え諸費用108万円を引けば、総支払額の差は僅か20万円台。
 住宅ローン保証料返戻金67万円を足しても87万円。
 100万円にも満たない。
 でもね。
 色々勉強させて貰って、住宅ローン「借換え」を経験出来た。
 それで良しとしますよ、私。


 注意点がひとつ。
 住宅ローン保証料返戻金についてです。
 私、その「返戻金」を一括返済に充当出来るものと思い込んでいたのですが。
 つまり、その分だけ借換え住宅ローン借入金を減らせると考えていました、が。

 住宅ローン保証料返戻金。
 借換え前の住宅ローン引落とし口座に振込まれるのに2〜3週間かかるのだと。
 それを知って、返済計画が狂いましたよ。
 慌てて、財形取り崩しを申請して間に合いました、ギリギリで。

 今回の住宅ローン借換え。
 住友信託銀行住宅ローン担当の方が親身になってくれたことも大きかった。
 やはり何事も結局は人と、人。
 後悔などない。

 ただ、次に住宅ローン「借換え」を考えるとしたら変動金利でなく固定金利。
 固定金利へのタイミングを図る段階なのだとは思います。
 日本経済が米国を始めとする世界経済と不可分だと改めてハッキリした現在。
 将来の経済状況、全く読めないと言って過言でない。

 10年。
 紆余曲折の10年後、世界の景気はどうなっているか。
 私、楽観的にもなれないのですが。 
 住宅ローンのことだけ考えれば、金利もそう上がらずといった楽観予想ですが。
 どうなるやら。

 それではまた、お会いしましょう。
 



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 住宅ローンリアル体験レポート2016
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。