カスタム検索
住宅ローンリアル体験レポート2016

住宅ローン2010国債の威力と金利動向

 住宅ローンマスターです。

 2009年12月が目前の11月29日(日曜日)です。
 予報に反して、夕暮れ青空すら覗いた日曜日でした。
 激動の11月最終週が明けて週初の30日、そして12月は何処へ向かうのか。
 
 さっそく、11月の25日(水曜日)の日本経済新聞記事です。
 《 米金融機関、「経営に問題」3割増 9月末、3カ月で 》
 【ワシントン=大隅隆】
  米連邦預金保険公社(FDIC)は24日、経営や資本の状況からみて経営に
 問題があると判断した米金融機関が今年9月末時点で552行になったと発表
 した。6月末と比べ3割強増えており、1993年12月末以来の水準。
 米景気は底入れしたものの、借り手の雇用・所得環境の改善が進んでおらず、
 金融機関の不良資産が増加している。金融機関の貸渋りなどを通じ、米景気の
 本格回復の重荷になりそうだ。
  FDICは預金保険を適用する金融機関を対象に経営状況を四半期ごとに
 集計している。問題行の個別名は非公表。問題行の総資産は3460億ドルで、
 08年末(1590億ドル)の2倍以上に膨らんでいる。 (11:26)

 先日、米金融機関の破綻が既に100行を超えていることは、紹介しました。
 《続きを読む》


 住宅ローンリアル体験レポート2016
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。