カスタム検索
住宅ローンリアル体験レポート2016

2007夏「金利」は固定か変動か

 実践住宅ローンマスターです。
 さっそくですが、前回。
 2007年、「追加利上げ」はない!!!と大胆予想しちゃいましたよ。
 その後、「後」ですよ本当に、こんな予測も見つけました。
 「日経金融新聞(5/1付け)」1面で有識者3名のうち2名の予測として。

 《 2007年内 「利上げ」は1回のみ 》

 だそうですよ。
 不肖私の大胆予想も「有識者」並みか、なんて自惚れません。

 現に、本日5/29(火)の「日本経済新聞」朝刊1面には、
  @ 「需給ギャップ」2期連続プラス(10年ぶり)。
 とか、同日同新聞の夕刊1面トップに、
  A 失業率3.8%に改善(9年ぶり3%台)とかね。

 ちなみに、失業率が下がるとインフレ率が上がるといわれています。
 つまり、失業率ダウンはデフレ脱却を示す指標かなと。

 日々はじき出されるデータ指標は、私たちを嘲笑うかの如く、一定の方向性を持たない。

 ですからいくら「鈍感力」な私も、ウカウカしてはいられない。
 でも、いやだからこそ、迂闊には動けない。
 だから、まだ「様子見」が正解だと思う。

 何度も言いますが、私の場合、横浜銀行「変動金利全期間1.2%優遇金利」です。
 だから現在、1.425%のはず。

うーん、1.425%。
 あの、ろうきんですら、1.65%だからね。
 私、とりあえず現状維持でいい(2%に突入するまでは)。
 様子見。

 メガバンクについてはね、こんな記事があります(「日本経済新聞」にも掲載された)。

 三大メガバンクが「住宅ローン」で苦戦。
 ノンバンク新規参入勢力(例えばSBIモーゲージ)に押される。

 条件だけ見れば、これ当然ですよ。
 「メガバンクよ、本気なのか」と言いたいくらい。
 私の過去ログでも、さんざん言及してあります。

 このサイトが、公平に見やすくまとめてあるかもしれない。
 私もじっくり覗かせてもらおうと思う。

 それで、本日のポイントです。

   《本日のポイント》

 ☆ 2007「追加利上げ」が仮にないと(大胆?)予想するにしても。
   「住宅ローン」金利のウオッチは欠かせない。
 ☆ 「固定金利」の利用はまだ早いかもしれない。
 ☆ 現在も「優遇」で1.7%以下の「変動金利」があるのだから。

 SBIモーゲージの「フラット35」5月実行金利、2,771%だそうです。
 35年ですから、確かに有難い。
 他の新興勢力、銀行やノンバンクも、魅力ある「固定金利」商品を揃えるだろう。

 でも。
 それでも、まだ今は「変動金利」が魅力ではないのかなあ。

 ということで、またお会いしましょう。


 住宅ローンリアル体験レポート2016
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。