カスタム検索
住宅ローンリアル体験レポート2016

住宅ローン「疾病保障特約」を検証だ

 実践住宅ローンマスターです。
 うーん。夏に向けて、「経済状況」が熱い。
 これ、「景気動向」と言ってもいい。

 気になる「追加利上げ」、ますます読めなくなってきた。
 企業の先行きは、概ねプラスに見える。
 ただ、消費者の「消費指数」がどうでるか。

 「長期国債」の「利回り」は上がっていない。
 連動して、「長期金利」も上がらないだろう。

 で、私は〈横浜銀行〉の「変動金利」ですよ。
 これ「短期プライムレート」に連動するから、やはり「利上げ」の影響モロに被る。

 住宅ローンについて、私がまず気にするのが、「金利」。
 次に、「諸費用」。
 「保証料」とか、5000万円を35年借りるとしたら、100万程度、取られますよ(勤続年数等諸条件により異なる)。

 でも考えてみたら(考えなくても)、私40代なのね。
 「病気」は気になる。
 「死亡」なら、「団体信用生命保険」で肩代わりしてくれて安心だけど。
 これ、知り合いのウチで実際「世帯主」が亡くなられて大変だったけど。「持ち家」に関しては、他の「生命保険」と併せてだいぶ「お釣り」がきたって、残された奥さん言ってたものなあ。
 有難い。

 で、本日は「疾病保障特約」です。
 私は、このこと知ったの割と最近だったのだけど。
 ちょっと検索したら。
 あらまあ、結構「キャンペーン」してたのね。
 2006年中のものもあるし、2007年3月30日(融資実行)までなんてのが多い(もう、手遅れ)。
 意外にね、地方の金融機関のサイトが多くありましたよ。
 〈沖縄〉とか〈北陸〉とかの。

 一般的な「知識」としては、このサイトが勉強になる。

 「ガンのみ」特約で、「金利」+0.2%。
 「3大〜8大疾病」特約で、「金利」+0.3%。
 上記より、%が低ければ「安い」といえる。

 @ メガバンクの〈三菱東京UFJ銀行〉が「金利上乗せなし」つまり「無料」。
 A 〈SBIモーゲージ〉が「初年度のみ」無料。
 この@とAが2大キャンペーンかな。
 続々と後につづく業者さんを期待しますよ。

 で、本日は@のビッグキャンペーンを検討します。
 まず、1)「2年固定金利」が1.65%。
 そして2)その後(店頭金利より)「1.0%」優遇。

 これだけ見ても、たいしたことないと思う(失礼)けど。
 「7大疾病保障特約付き」で「金利上乗せ」無しですよ。
 通常「7大疾病保障特約」は「金利0.3%」上乗せでしょ。
 その分を引くと、それぞれ。

  1) 「2年固定金利」:1.35%。
  2) その後「マイナス1.3%」金利優遇。

 これ、将来の「健康」を気にされる方には悪くないですわね。

 条件を確認しましょう。

 @「保険料」は必要。
  融資額2000万、35年、40歳(男性)の場合
  月額5年後で約1000円、20年後で約5000円か。   年額5年後:約12000円、20年後:約60000円。
  「借入残高」と「月返済額」で決まるそうな。

 A「本人告知」のみで、加入出来る。

 B 借入時「50歳の誕生日」まで、加入可。

 C このキャンペーン「3月30日」までの「申込み」。これ、ギリギリ間に合う(延長しないかな)。

 @を考えると、初年度の「保険料」は高くないから、〈SBI〉の「初年度無料」は、あまり大きな額でなないでしょう。

 以前に「メガバンクは本気か」と記事に書いたけど。
 この「7大疾病保障特約」キャンペーン。
 「保険料」が無料になるワケじゃ、決してないけれども。
 悪い話では、ないだろう。

 でも、申込み「3月30日」まで。

 焦らすなよ、と言いたい。

   《本日のポイント》

  ☆ 〈三菱東京UFJ銀行〉「7大疾病保障特約」キャンペーン。
    「金利上乗せ」が無いのはいいけど、「保険料」は無料じゃない。

 本日は、ここまで。
 また、お会いしましょう。
 
 


 住宅ローンリアル体験レポート2016
カスタム検索
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。